自殺回避・自立回復センター

 

 うつ病に掛かっている人不審な行動 深刻に悩んで居る人を見かけたら即警察に電話をこのコラムを読んでいる人は全て正常な人です、うつ病・深刻な悩みを抱えている人にはサイトを見る余裕がありません、私の過去には不幸が在りました、一人でも多く救いたいです。皆様の温かい救援を希望しています。年間何万人もの人達が自ら命を絶っています。このコラムを目にした方たちは救援宜しくお願い致します。多くの人たちの救援する目が在れば大切な命が救われます。私はコラムで常時救援援助文章を発信します。電話一本で助かる人たちが増えていきます。人名救助になります。貴方の温かい心を分けてください、切にお願いいたします。seiki2211@yahoo.co.jp 狭川 征期 さがわ せいき 

うつ病を治す心理療法マインドフルネスのマインドフルメイト

 非営利型 一般社団法人

電話番号

080-2213-3802
E-Mail

info@mindfulmate.jp

マインドフルネスSIMTはキラーストレスにより発病したうつ病やパニック障害を完治に導く心理療法です。

 

全国の書店及びAmazon、楽天ブックスで購入できます。カウンセラーの援助を受けたい方は当マインドフルメイトにご相談ください。

  一般社団法人マインドフルメイトは、SIMT開発者、大田健次郎氏のマインドフルネスプログラムを実践しています。
多くのクライアントが、自らトレーニングし通常の生活に復帰しています。
【マインドフルメイトの完治の定義】
○薬を飲まずに通常の生活が送れるようになる事。 ○再発を繰り返さない自分になる事。 

●● マインドフルネス精神療法研究 第3回発表会 5月20日(土) 埼玉県大宮にて●●
日本マインドフルネス精神療法協会による大会が今年も行われます。 
当マインドフルメイト代表の佐藤福男は今年も発表に参加し「SIMTによる完治のプロセス」と題してお話いたします。
マインドフルネスSIMTによって治っていく過程がよくわかります。
参加ご希望の方は、詳細PDF≫ をご覧ください。

2016年秋!新しく名古屋セッションがスタートしました。まずは無料相談。こちら≫

家庭や職場・学校の人間関係、大切な人や物を失ったことのショック、過去の失敗など 発症の原因は、人それぞれです。発症の原因はさまざまですが、これらの原因によりストレスを受け続けたこと、または短い時間に大きなストレスがかかった事により、うつ病やパニック障害、非定型うつ病、PTSDなどを発病してしまったと言えます。たとえ思い当たる原因がなくても、知らず知らずのうちにストレスを受け続けていたという事もあります。

現在、うつ病などの薬はセロトニン仮説により作られています。しかし、セロトニンに働きかける薬(SSRなど)でなかなか改善しない方もいます。なぜなら過剰に分泌されたストレスホルモンが自律神経のバランスを崩したと考えられるからです。自律神経は交感神経と副交感神経で成り立っていますが、交感神経が優位になりすぎてしまっているのです。このバランスを整えていくと徐々に回復していきます。マインドフルネス心理療法SIMT(シムト)は、交感神経と副交感神経のバランスを整える呼吸法を用い、あるがままを実践して、ストレスホルモンの異常分泌を抑えつつ、病状を回復、完治を目指します。
マインドフルメイトのマインドフルネスSIMTは薬や器具を一切使わず、自分の持つ治癒力を引き出しす心理療法ですので、副作用はまったくありません。
どうして病気になったか?どうすれば治るか?については、無料相談会に参加された方には
もう少し詳しくお伝えしております。治す方法は、セッションに参加する事により身をもって理解できます。
 
   

(社)マインドフルメイトのマインドフルネス心理療法(SIMT)をご希望の方は
まず、あなたの病状がマインドフルネス心理療法(SIMT)で効果があるのかを確認してください。
【効果がある方】
 うつ病 ・非定型うつ病 ・パニック障害 ・PTSD ・対人恐怖症 ・その他不安障害
【効果がないと思われる方】
 【内因性の精神疾患】
 ・統合失調症 ・双極性障害(躁うつ病)・境界性人格障害・その他
 【外因性の精神疾患】
 ・症候性精神障害 ・中毒性精神障害 ・脳器質性精神障害
  「症候性精神障害」内臓の疾患や内分泌障害による精神障害や肝臓障害によるもの。
    (甲状腺疾患など)
  「中毒性精神障害」アルコール依存症や麻薬依存症によるもの。
  「脳器質性精神障害」脳外傷後遺症や脳炎後遺症などによるもの。
●効果がある病状の方のみ、マインドフルメイトのマインドフルネス心理療法SIMTを受けられます。
  ご自分の症状がわからない場合、医師から病名を言われていない場合は
  申し込み時にご相談ください。

    無料相談申し込み(パソコンまたはスマホから)→無料相談会(個人面談)
    →カウンセラーとクライアントのお互いの合意→セッション参加スタート

無料相談会お申込み、セッション参加への手順 (無料相談会は個人面談です)
 (1)まずは無料相談会へお申し込みください。
    右下のアイコンより入り、下の方のお申込みフォームより日時場所を選択し
    必要事項を記入して送信してください。
 (2)送信後、マインドフルメイトのカウンセラーより質問のメールが届きますので
    それに答えて返信してください。(病名、病状など)
 (3)あなたの病気が当マインドフルメイトでお受けできるかどうかを判断し
    日時の確認とともに受付メールをお送りします。
    もし、お受けできない場合もその旨返信メールを差し上げます。
    日が近くなると確認のためのメールを差し上げる場合があります。
    どうしても来られなくなった場合は、速やかに必ずご連絡ください。
    (あなたのために会場を借りて、時間を取ってお会いするので)
 (4)当日、お約束の日時にお越しください。
   受付時に、会場費用の一部(1,000円)をお支払いください。
   1,000円を除く会場費等(冷暖房費含む)は、すべて(社)マインドフルメイトが
   負担しております。
 (5)相談会では、お辛い状況をお伺いし、どうして病気になったか、どうしたら治るか
   をお話しします。その上で、私共でマインドフルネスSIMTに参加できる方には
   その旨お伝えし、また受けられる方(クライアント)も、参加の意思があった場合、
   セッションをスタートしていただきます。
   セッションは月に1回、全10回です。良くなってきても途中でやめないでください。
   また悪化して再スタートという方がいらっしゃいます。
【注意】
   セッションについてのお試しはありません。
   全10回すべてお受けください。途中で止めないお約束をお願いします。
   また、効果が無い病状とわかっていても、それを伏せて当マインドフルネスを受けたいとか、
   マインドフルネスを勉強するために、病気を偽って参加する事は一切お断りしています。
   分かり次第、資料すべてお返しいただき、退会していただきます。返金はいたしません。
   ※カウンセラーになりたい方は独学では危険です。人の命と向き合う仕事です。
 
      

マインドフルネスSIMTのセッションを受けることになったけどいくらかかるの?
マインドフルメイトは非営利型一般社団法人です。 マインドフルメイトの概要≫
ただし、必要経費がかかりますのでご負担いただいております。
費用の中には、会場費(会場によってはかなりの高額です)、カウンセラーやスタッフの
交通費及び日当、個人個人に計10回の日記指導、郵便代など事務費、必要に応じて資料の提供費
をご負担いただいております。(すべて費用の中に含まれます)
グループセッションは少人数制で1クラス5人~10人くらいです。
【グループセッション代金】お1人の代金です。
 
 会場
 10回クーポン(基本)
 1回分無料
 5回クーポン×2回購入
 1/2回分無料
 1回ごと支払い×10回
 (特別な場合のみ)
 東京・八重洲
 72,000円
 36,000円×2回
 8,000円×10回
 東京・日比谷
  72,000円
 36,000円 ×2回
  8,000円×10回
 東京・八王子
 45,000円
22,500円×2回
 5,000円×10回
 山梨・甲府
 45,000円
22,500円×2回
 5,000円×10回
 愛知県・名古屋
  72,000円
  36,000円×2回
 8,000円×10回 
 ※特別の場合を除き、クーポン券によるお支払いになります。
 ※会場によって値段が違うのは、会場費やカウンセラー・スタッフの交通費等が異なるためです。
 ※付き添いの家族は無料です。ぜひご家族も一緒にご参加ください。家族の理解と支えも重要です。
   ただし、ご家族がマインドフルネスの手法を習得する目的の参加はできません。
 ※上記以外の料金はかかりません。
 ※2016年9月より、名古屋駅近くでセッションを開始いたします。
 その他、スカイプセッション、個人セッションをご希望の方は直接カウンセラーにお尋ねください。
 
 

←ある日のセッションの様子
  ご家族と参加の方もいます。
 
   

マインドフルメイトは、代表者の佐藤福男が、マインドフルネス総合研究所(NPO法人)
大田健次郎氏(SIMTの開発者)のマインドフルネスカウンセラー養成講座課程を修了し
マインドフルネス瞑想療法士となり設立しました。
その後、2015年にマインドフルメイトは非営利型一般社団法人となりました。
佐藤福男は、もともと社会に貢献しようとボランティアを行っておりましたが、うつ病で苦しむ人々が
大田健次郎氏のマインドフルネス(SIMT)で回復していく様子を目の当たりにし衝撃を受けました。
すべてのボランティアを辞め、ひとりでも多くの人がこの苦しみから脱出し、復帰しご自身の持つ
パーソナリティを活かして充実した人生を送っていただけるようにと、マインドフルネスSIMTの指導に
に情熱を傾け邁進しております。
自分のもともとの仕事(他の自営業)を運営しつつ、なにを置いてもマインドフルメイトのクライアントの
事を最優先に考える日々です。
現在(2016年5月)までの5年間で、無料相談を行い出会った人々は延べ380人。
その中で、セッションをスタートして卒業し日常生活に復帰された方々は約100人。
セッション参加中の方が42名いらっしゃいます。(参加中の人数は随時変動しています)
2014年には「エビデンス」を発行。
今までセッションに参加された方の病状が治ってい
く経過をエビデンス(証拠)としてまとめました。
 
 
マインドフルネス瞑想療法士 佐藤福男
マインドフルネスにもさまざまな種類がありますが、宗教的なマインドフルネスであったり、
社会的なマインドフルネスであっても、回復、改善までや、ストレス解消(予防)などがほとんどで
SIMTのように実際にうつ病などが治っていくという証拠があるマインドフルネスは稀であると言えます。
佐藤福男はそのSIMTの手法を伝えつつ、時にはアドバイスし、時には励ましつつ、クライアントに目線を
合わせ、今後も完治への道しるべを示してまいります。
※どんな時でも、まずクライアントを優先!そんな佐藤の姿勢は安心サポートにも表れています。
 
  

2010年よりスタートしたマインドフルメイトですが、セッションを卒業されたクライアントの中で「自分が良くなった事を伝え、他の辛い苦しい思いをされている方のお役に立てれば」とのご厚意により感想文・体験談をお寄せいただいている方々がいます。ご自身の辛い状況、マインドフルメイトとの出会い、どうやって克服していったか回復の経過など、クライアント本人の文章に一切手を加えず原文のままご紹介しております。これから始めようと思っている方は参考に、完治を目指すクライアントの方々もぜひお読みください。
 
  

 

                          
 このページの上へ↑

HOME / マインドフルネスとは / マインドフルメイトとは / 無料相談会詳細 / お申込みフォーム

セッションのお知らせ / ブログ / うつ病チェックシート / Q & A

E-Mail:info@mindfulmate.jp Phone:080-2213-3802

 ・自殺防止 ・うつ治療の心理相談員 : 佐藤福男 【特定非営利活動法人マインドフルネス総合研究所認定】

自殺回避・自立回復センター

   

 
  当センターは、ご家族への専門相談機関です。
自殺念慮や家庭内暴力、未遂行動に対する危機的介入に始まり、心理面の調整と回復、ストレス対処能力の学習、実践トレーニング(社会復帰)に至るまでの総合サポートを実施する心理専門機関でもあります。
アットホームな雰囲気と開放的な施設環境の中、ご利用者様の回復に向けた「生活ケア段階」、人格成長を促す「こころの学習」「心理相談」、及び「社会復帰トレーニング」をスタッフが一緒になってサポートいたします。

 “わが子の問題行為(自傷、未遂、家庭内暴力、長期的引きこもり、アルコール依存症、強迫な繰り返し行動)に家族の説得や交渉はもう通用しない・・・・全ての手は尽くした・・・・” ご家族からこのような相談を多く受けます。
  疲弊したご家族では、問題を呈するご本人の葛藤のみならず、ご家族側の余力の限界もあります。最悪な事態を招く前に、現状の危機的状態を認識し、各人が安全と冷静を確保できる生活環境を確保することは重要と考えます。

  ご利用者様の人権を尊重し、話し合う事で、説得より“納得”していただく事を目指します。辛さ、苦しさ、悔しさ、不安、怖さ・・・本当の心の声がわかります。自分に適した社会復帰の道を一緒に考え、その実現を支援します。
 お子様の「生きる」を一緒に考える場所と時間をご用意致します。
 ※ 体験宿泊もあります(1泊~1ヶ月間など)。

会 社 名
株式会社JEC
責 任 者
佐藤 矢市
所 在 地
〒370-2312 群馬県富岡市星田383
電 話
0274-64-8026
F A X
0274-62-1126
メ ー ル
joyfull@po.wind.ne.jp

宿泊部屋

キッチン(24時間開放)

多目的ルーム(24時間開放)

カウンセリングルーム

運動広場&リラックス・スポット

自然散歩コース

 どんな方が対象ですか?
  家族環境に “専門的介入を希望される方”を優先にさせていただきます。
     入院医療を利用しても自殺関連行為が止まないご家族。
     お子様の言動に手が負えなく感じられているご家族。
     社会的孤立状態(受け入れ先が見つからない状態)にあるご家族。

  当センターの支援目標は「家族全体」の機能回復を目標とします。個人(苦しむ当事者)だけの回復を目指すものではありません。従って、お問合せにあたり、ご家族のご理解を要することをご了承下さい。
また、ご家族間の交流が困難な場合は、この理解を促すステップから介入させて頂きます。

 我が子は、そういった施設や医療機関に行きたがりません。どうしたらいいでしょうか?
 ご家族の状況によっては、親子が密接な関係にある場合が多くあります。そこで、このようなケースに対して当センターは、慎重な支援の進め方として、親子同伴の入所から始める支援計画(当センター所有の戸建建築)をご提供します。
 このプランの利点は、現状の親子関係を入所後も維持できる点であり、徐々に支援機会を日常の中へ介入させることが出来る点です。また、親子同伴の入所によって生活場所を移動することでも、地元近隣様に対する悪影響の心配から解放されるため、余った精神的エネルギーをより建設的な親子交流の実践に活かすことが出来る点も、当プランの利点です。

 年齢制限はありますか?
 50歳くらいまでを対象とします。ご家族の同意が必ず必要となります。

 心理・精神院コーディネーターとは何ですか?
 当事者が心の声として求めている心理・精神領域の支援を、もう一度検討し、一緒に寄り添い、考えて調整し、工夫、知恵を出してくれる専門家の事です。

Copyrights (C) 2011. ㈱JEC 自殺回避・自立回復センター All Rights Reserved.

Proudly powered by WordPress

自殺回避・自立回復センター

   

 
  当センターは、ご家族への専門相談機関です。
自殺念慮や家庭内暴力、未遂行動に対する危機的介入に始まり、心理面の調整と回復、ストレス対処能力の学習、実践トレーニング(社会復帰)に至るまでの総合サポートを実施する心理専門機関でもあります。
アットホームな雰囲気と開放的な施設環境の中、ご利用者様の回復に向けた「生活ケア段階」、人格成長を促す「こころの学習」「心理相談」、及び「社会復帰トレーニング」をスタッフが一緒になってサポートいたします。

 “わが子の問題行為(自傷、未遂、家庭内暴力、長期的引きこもり、アルコール依存症、強迫な繰り返し行動)に家族の説得や交渉はもう通用しない・・・・全ての手は尽くした・・・・” ご家族からこのような相談を多く受けます。
  疲弊したご家族では、問題を呈するご本人の葛藤のみならず、ご家族側の余力の限界もあります。最悪な事態を招く前に、現状の危機的状態を認識し、各人が安全と冷静を確保できる生活環境を確保することは重要と考えます。

  ご利用者様の人権を尊重し、話し合う事で、説得より“納得”していただく事を目指します。辛さ、苦しさ、悔しさ、不安、怖さ・・・本当の心の声がわかります。自分に適した社会復帰の道を一緒に考え、その実現を支援します。
 お子様の「生きる」を一緒に考える場所と時間をご用意致します。
 ※ 体験宿泊もあります(1泊~1ヶ月間など)。

会 社 名
株式会社JEC
責 任 者
佐藤 矢市
所 在 地
〒370-2312 群馬県富岡市星田383
電 話
0274-64-8026
F A X
0274-62-1126
メ ー ル
joyfull@po.wind.ne.jp

宿泊部屋

キッチン(24時間開放)

多目的ルーム(24時間開放)

カウンセリングルーム

運動広場&リラックス・スポット

自然散歩コース

 どんな方が対象ですか?
  家族環境に “専門的介入を希望される方”を優先にさせていただきます。
     入院医療を利用しても自殺関連行為が止まないご家族。
     お子様の言動に手が負えなく感じられているご家族。
     社会的孤立状態(受け入れ先が見つからない状態)にあるご家族。

  当センターの支援目標は「家族全体」の機能回復を目標とします。個人(苦しむ当事者)だけの回復を目指すものではありません。従って、お問合せにあたり、ご家族のご理解を要することをご了承下さい。
また、ご家族間の交流が困難な場合は、この理解を促すステップから介入させて頂きます。

 我が子は、そういった施設や医療機関に行きたがりません。どうしたらいいでしょうか?
 ご家族の状況によっては、親子が密接な関係にある場合が多くあります。そこで、このようなケースに対して当センターは、慎重な支援の進め方として、親子同伴の入所から始める支援計画(当センター所有の戸建建築)をご提供します。
 このプランの利点は、現状の親子関係を入所後も維持できる点であり、徐々に支援機会を日常の中へ介入させることが出来る点です。また、親子同伴の入所によって生活場所を移動することでも、地元近隣様に対する悪影響の心配から解放されるため、余った精神的エネルギーをより建設的な親子交流の実践に活かすことが出来る点も、当プランの利点です。

 年齢制限はありますか?
 50歳くらいまでを対象とします。ご家族の同意が必ず必要となります。

 心理・精神院コーディネーターとは何ですか?
 当事者が心の声として求めている心理・精神領域の支援を、もう一度検討し、一緒に寄り添い、考えて調整し、工夫、知恵を出してくれる専門家の事です。

Copyrights (C) 2011. ㈱JEC 自殺回避・自立回復センター All Rights Reserved.

Proudly powered by WordPress

自殺回避・自立回復センター

   

 
  当センターは、ご家族への専門相談機関です。
自殺念慮や家庭内暴力、未遂行動に対する危機的介入に始まり、心理面の調整と回復、ストレス対処能力の学習、実践トレーニング(社会復帰)に至るまでの総合サポートを実施する心理専門機関でもあります。
アットホームな雰囲気と開放的な施設環境の中、ご利用者様の回復に向けた「生活ケア段階」、人格成長を促す「こころの学習」「心理相談」、及び「社会復帰トレーニング」をスタッフが一緒になってサポートいたします。

 “わが子の問題行為(自傷、未遂、家庭内暴力、長期的引きこもり、アルコール依存症、強迫な繰り返し行動)に家族の説得や交渉はもう通用しない・・・・全ての手は尽くした・・・・” ご家族からこのような相談を多く受けます。
  疲弊したご家族では、問題を呈するご本人の葛藤のみならず、ご家族側の余力の限界もあります。最悪な事態を招く前に、現状の危機的状態を認識し、各人が安全と冷静を確保できる生活環境を確保することは重要と考えます。

  ご利用者様の人権を尊重し、話し合う事で、説得より“納得”していただく事を目指します。辛さ、苦しさ、悔しさ、不安、怖さ・・・本当の心の声がわかります。自分に適した社会復帰の道を一緒に考え、その実現を支援します。
 お子様の「生きる」を一緒に考える場所と時間をご用意致します。
 ※ 体験宿泊もあります(1泊~1ヶ月間など)。

会 社 名
株式会社JEC
責 任 者
佐藤 矢市
所 在 地
〒370-2312 群馬県富岡市星田383
電 話
0274-64-8026
F A X
0274-62-1126
メ ー ル
joyfull@po.wind.ne.jp

宿泊部屋

キッチン(24時間開放)

多目的ルーム(24時間開放)

カウンセリングルーム

運動広場&リラックス・スポット

自然散歩コース

 どんな方が対象ですか?
  家族環境に “専門的介入を希望される方”を優先にさせていただきます。
     入院医療を利用しても自殺関連行為が止まないご家族。
     お子様の言動に手が負えなく感じられているご家族。
     社会的孤立状態(受け入れ先が見つからない状態)にあるご家族。

  当センターの支援目標は「家族全体」の機能回復を目標とします。個人(苦しむ当事者)だけの回復を目指すものではありません。従って、お問合せにあたり、ご家族のご理解を要することをご了承下さい。
また、ご家族間の交流が困難な場合は、この理解を促すステップから介入させて頂きます。

 我が子は、そういった施設や医療機関に行きたがりません。どうしたらいいでしょうか?
 ご家族の状況によっては、親子が密接な関係にある場合が多くあります。そこで、このようなケースに対して当センターは、慎重な支援の進め方として、親子同伴の入所から始める支援計画(当センター所有の戸建建築)をご提供します。
 このプランの利点は、現状の親子関係を入所後も維持できる点であり、徐々に支援機会を日常の中へ介入させることが出来る点です。また、親子同伴の入所によって生活場所を移動することでも、地元近隣様に対する悪影響の心配から解放されるため、余った精神的エネルギーをより建設的な親子交流の実践に活かすことが出来る点も、当プランの利点です。

 年齢制限はありますか?
 50歳くらいまでを対象とします。ご家族の同意が必ず必要となります。

 心理・精神院コーディネーターとは何ですか?
 当事者が心の声として求めている心理・精神領域の支援を、もう一度検討し、一緒に寄り添い、考えて調整し、工夫、知恵を出してくれる専門家の事です。

Copyrights (C) 2011. ㈱JEC 自殺回避・自立回復センター All Rights Reserved.

Proudly powered by WordPress