バイナリーオプション学習

 

http://fxroyalcashback.com/affiliate/link.php?id=N0000630&adwares=A0000125

ドキュメント.rtfバイナリーオプション1111 ドギューメント

バイナリーオプション

市場の移り変わり

東京市場ーーーーーー9:00~16:00
ロンドン市場ーーーー16:00~24:00
ニューヨーク市場ーー22:00~ 6:00

かぶせ線・高値圏で強めの相場転換を示す
太陽線の終値より太陽線の始値が高く大陰線の終値が太陽線の範囲内で終わるパターン大陽線の実態中心より下に収まるとサインはより強くなる

切り込み線
安値圏で強めの相場転換を示す太陽線の始値が大陰線の終値より低く太陽線の終値が大陰線の範囲内で終わるパターン大陰線の実態中心より太陽線の終値が高い場合サインはより強くなる

たすき線 たすき線
かぶせ線 切り込み線
赤色陽線青色陰線

出会い線
安値圏で上昇を示唆
高値圏で下降を示唆

振り分け線
上昇相場の継続を示す
下降相場の継続を示す

毛抜き天井
上昇相場の転換を示す
毛抜き底
下降相場の転換を示す
窓(ギャップ)

赤三兵
陽線が三本連なって出現するパターン強い上昇を示す

赤三兵先詰まり
高値圏で上ヒゲの長い陽線が出現するパターン相場の転換を示唆する

赤三兵先詰まり
高値圏で上ヒゲの長い陽線が出現するパターン相場の転換を示唆する

黒三兵(三羽鳥)
三本連続で陰線が出現するパターン強い下降を示す

黒三兵先詰まり
安値圏で下ヒゲの長い陰線が出現するパターン相場の転換を示唆する

三空踏み上げ
窓を開けながら三本陽線が出現するパターン四本目が窓を開けない陰線の場合、相場の転換を示唆する

三空叩き込み
窓を開けながら三本陰線が出現するパターン四本目が窓を開けない陽線の場合、相場の転換を示唆する

上げ三法
大陽線の途中で小さいローソク足が続き再び大陽線が出現するパターン上昇相場の小休止を示しその後再び上がっていくことを示す

上げ三法 アルファベットのNの形で覚えれば分かりやすいよ

下げ三法
大陰線の途中で小さいローソク足が続き再び大陰線が出現するパターン下降相場の小休止を示しその後再び下がっていくことを示す

三山(トリプルトップ)
ある一定のラインを超えることなく三回天井で跳ね返されるパターン上昇トレンド最中にこのパターンが現れると強い転換を示す

三川さんせん(トリプルボトム)
ある一定のラインを越えることなく三回底で跳ね返されるパターン下降トレンドの最中にこのパターンが現れると強い転換を示す

複合的に相場を分析~相場環境認識~相場環境認識とは~長期足での支持線、抵抗線の所在~ファンダメンタルズ~市場の移り変わりひとつめは要するにレジサポラインのことだよ
相場の流れは必ず長期足で確認すること
ファンダメンタルズ (ファンダメンタルズ)
ファンダメンタルズとは、国や企業などの経済状態などを表す指標のことで、「経済の基礎的条件」と訳されます。
国や地域の場合、経済成長率、物価上昇率、財政収支などがこれに当たり、企業の場合は、売上高や利益といった業績や資産、負債などの財務状況が挙げられます。
ファンダメンタルズをもとに株価や為替の値動きを予測することをファンダメンタルズ分析といいます。

長期足チャートで反発されるラインはとても重要で多くのトレーダが注目するところだからその箇所を意識したトレードを心掛ければエントリーやイグジット(利確)のタイミングも計りやすい
次にふたつめのファンダルメンタルズはニュースをよく知ること東京時間からロンドン時間、ニューヨーク時間と市場が移り変わることで相場の動き方も二転三転すること 以上三つの項目をこれから順に説明していくよ長期足でのチャート分析
長期足は基本的に日足や週足短くても4時間足が一般的かな中には月足レベルで確認するトレーダーもいるみたいだけど月足レベルになると大きすぎて逆に難しくなるかもね
長期足での支持線、抵抗線の所在
それじゃあここでドル円の4時間足チャートを例に見てみると上のレジスタンスラインは大体111円で引くことが出来るね
次に下のサポートラインは大体108円のライン
ドル円は現状このレートの間を行ったり来たりするレンジ相場であることが読み取れるね
一度サポートラインを割ってレンジブレイクしてる箇所があるけどこれは北朝鮮問題が過熱していた時期もあって一時的なリスクオフの流れに成っていただけだったから結局レンジ内に戻る動きになったね突発的なリスクによるブレイクはあまり長続きしないからラインを割ったと勘違いしない方がいいかも知れないわ
ちょっとファンダルメンタルズの内容も含んだ話になっちゃったけどさっきも言った通り、複合的に考えるのが相場
環境認識だから個別に判断せずすべてを含めた状況判断が大事になってくるよ続いて日足チャートで見てみると引いてみればレジサポもさらに解りやすいねさっき見てたレジサポラインは実はそれより前の箇所でも生きていたんだね
こうしてみるとこのレジスポラインがいかに注目されているかわかるかな?そして今週に集点を当てて話すとこのまま北朝鮮が何もせず平和的解決の動きと進めば
ドル円は111円のレジスタンスラインを破って114円を目指す動きに代わっていくねと、まあこんな感じで長期足チャートでラインを引いて見て
長期足での支持線、抵抗線の所在4時間足、日足、週足などを見て最も反発される個所を線で結んでトレーダーの多くが注目するレートを知ることで相場に流されない環境認識が可能になるとまあこんな感じで長期足チャートでラインを引いて見て反発あるいはブレイク狙いで稼いでいくという取引のプランも立てやすくなるから市場がクローズした休日とかに来週の戦略を練るための時間を設けるのもいいね
短期ベースのライントレードはスキャルピング専門のトレードが多くポジションの入れ代わり立ち代わりも激しいからラインを引いてもすぐにブレイクしてまた新たなラインが活きる時間も短くなるんだね
そうした小競り合いに注目して戦略を練るとちょっと長い時間ポジションを握っているとすぐにマイナス損益へ転じちゃうよ短期は短期の、中期は中期の、そして長期は長期の戦略があるから短期の戦略で中期や長期を戦おうとするとすぐに相場にのまれちゃうょ
それじゃ次にファンダメンタルズについてファンダメンタルズはちょっとややこしいんだけどこれを把握することで相場の見方もガラッと変わるから
短期は短期の中期は中期のそして長期は長期の戦略があるから短期の戦略で中期や長期を戦おうとするとすぐに相場にのまれとゃうよ
それじゃ次にファンダルメンタルズについてファンダルメンタルズはちょっとややこしんだけどこれを把握することで相場の見方もガラッと変わるからファンダメンタルズは簡単に言えば国の経済状況を表す指標みたいなもので金利や国内総生産、雇用値、物価指数、貿易収支などが注目されるよ、
ファンダメンタルズ
政策金利、雇用値、物価指数、貿易収支

他にも政治的な要因もこれに含まれるね政治が要因で今世界を騒がせているのは何と言っても北朝鮮問題この問題が他のファンダメンタルズの動きを邪魔しているけど逆に言えば北朝鮮問題が解決すれば相場は正常な動きへと戻っていくね
さて、そんなファンダメンタルズで最も重要視される指標と言えば<非農業部門雇用者数>通称、雇用統計他にもBOE政策金利とかもあるね、物価指数に<消費者物価指数>ってのが該当するよ
そして最後が貿易収支貿易収支はぶっちゃけそこまで為替に影響しないからアメリカの貿易収支はここ何年も赤字続きでトレーダーたちもあまり期待していないのがそういわれるゆえんかな、
そしてここからファンダメンタルズの重要ポイントだよ よく指標ギャンブルなんて言って賭け事に使ってる経済指標はその場の値動きで終わりでなくその後のチャートの動向を決める重要な発表であることを忘れちゃいけないよ 特に金利発表はその権藤港に強く影響を与える指標だから発表時の値動きで一喜一憂するだけじゃなく その公表値を見て今後どのよぅに相場が動いていくかも予見しなきやいけないね 指標ギャンブルで思い出したけど単純に数値を発表するよぅな指標の場合は発表後に上下に大きく振ることはあまりないわ 発表の最中に数値が変わったりしないからむしろ指標により厄介なのは要人による会見発表だわ
東京市場 ロンドン市場
ニューヨーク市場 ドラギッチ
これらの市場は相場の動き方がそれぞれ異なるから市場の移り変わりを把握してないと痛い目を見ることになるよ
市場の移り変わり 東京市場 ロンドン市場 ニューヨーク市場

東京市場は午前9時55分ごろに決定される仲値が注目すべきポイントだね
仲値っていうのはその日の基準になるレートの事でこのレートが銀行やその他の金融機関が外貨を売り買いするときの基準になるから 仲値が決まる直前になるとドル円相場も上昇する傾向あるよそして仲値発表後はそれをもとに経済活動をしていくわけだからそれ以降の東京時間はあまり変動せず穏やかな相場に成りがちだねつまり東京市場で儲けようと考えるなら価格が変動しやすい仲値前の時間を狙って取引するのも手だね
そんな東京市場が開かれる時間は朝9時開始で16時クローズだよただし、15時になると東京オプションカットって言ってそれまで穏やかな相場だったのが一転して激しい相場に代わるから注意が必要だよ

東京オプションカット
読み方:
とうきょうおぷしょんかっと
分類:
外国為替市場
東京オプションカットは、東京市場の15時(午後3時)の通貨オプションのカットオフタイム(権利行使の最終的な締切時間)のことをいいます。また、通貨オプションとは、ある特定の通貨を、予め定められた期間または期日(権利行使期間)に、予め定められた価格(権利行使価格)で、買う権利または売る権利を売買する取引をいいます。

一般に東京市場で取引される通貨オプションは、午後3時を以って、その日に行使期限を迎えるオプションが消滅するため、消滅前に手段(対策)を講じようとする市場参加者によって、原市場である外国為替市場でも相場が動くことがあります。

続いてやってくるのがロンドン市場ネットではヤクザなんて呼ばれたりするわね

ロンドン勢が一番勢いをつけてくる瞬間は何と言っても市場オープンの16時ジャストだねロンドン市場の特徴として東京時間で上げた相場を叩き落したり逆に下げた相場をカチ上げたりなど一言でいえば東京時間の動きを善不定するような真逆の動きをするあまのじゃくで嫌なヤツって感じかなロンドン勢が入ってくる16時前に利益が乗っているポジを持っている場合は素直に利食い処理した方が身のためだよまあ必ずしも東京とは逆の動きをするというわけではないのがさらに嫌さ加減に拍車を掛けてるよねでも傾向としては逆の動きをしやすいからそのことを念頭に入れて取引プランを練った方がいいねロンドン時間は東京時間と比べて激しい値動きを見せるからをするなら東京時間以降を狙うのがベストかなそして最後、ニューヨーク時間ロンドンからニューヨーク時間へ変わる時に気を付けることはあるのぜ?市場時間を見てもらえばわかるけど
ロンドン勢とニューヨーク勢が被ってる時間があるよね?

ニューヨーク勢が入ってくる午後10時にはまだロンドン勢もいるから目立つような相場の反転減少は起きないよただ強大なパワーで暴れまわるロンドン勢に加えてアメリカも参入してくるから相場はより一層の激しさを見せる傾向にあるねちなみにニューヨーク市場はネットではヤンキーなんて呼ばれたりするよ
東京は何て呼ばれてるんだぜ?東京は東京だよまあトンキンなんて呼ばれたするけどあまり好ましい呼び方じゃないねニューヨーク市場の傾向としてはロンドン市場が作り上げたトレンドを更に伸ばしていったりするね特にロンドン時間とニューヨーク時間が重なる午後10時から午前0時までの間はゴールデンタイムなんて呼ばれてチャートが最も激しく動く魔の時間になるそれにこのゴールデンタイムは欧州や米国の経済指標が発表される時間帯でもあるから相場が激しく動くのもうなずけるよねア、そうそう説明し忘れたけど東京時間に行われる仲値にはもう一つ重要なことが在ってゴト一日っていうんだけど毎月五日、一〇日15日二〇日、25日そして月末の灯だけは仲値に向けて円安方向へドル円相場が動きやすくなるからゴト1日を狙ってトレードするとより高確率高いみたいだよはいこれで相場環境認識の基礎は全て説明したよ金利に注目したり、地政学的リスクに注目したり長期足でのレジサポラインに注目したり市場時間による相場の動向をうまく利用したりとすべての事柄をチャート画面に織り込んでみてみると以前より相場の動きもわかるようになるんじゃないかな

後はこれらの知識を持って自分で実際にチャートを見つめることで相場観っていうのは鍛えられていくと思うよファンダメンタルズもライントレードも市場時間もそれぞれ突き詰めていくとまだまだ探求すべきことはいっぱいあるからこれで終わりにせずもっと実践の中でそれらを実感してみる

 

http://fxroyalcashback.com/affiliate/link.php?id=N0000630&adwares=A0000125