ジャック=ルイ・ダヴィッド(Jacquew-Louis David)

新古典主義
1748年8月30日‐1825年12月29日
「ダヴィッド」という画家の名前をいきなり言われても、すぐに思い出せない人が多いのではないでしょうか。ですが、「ナポレオンが馬に乗っている絵を描いた人」といえば知っている人がいるかもしれませんね。フランスの激動の時代を生き、その様子を絵にかきつづけたダヴィットという人はどんな人だったのでしょうか。ナポレオンともつながりのあった彼の人生について勉強してみましょう。

[ スポンサードリンク ]

【19世紀絵画教室 – 子ども美術館】トップページへ戻る

ダヴィッドのプロフィール
1748年、パリの商人の子供としてダヴィッドはうまれました。ダヴィッドの親戚には有名な画家もいたため、幼いころから絵画への興味があったようです。
ダヴィッドの画家の先生はヴィアンという人で、その人の下で長い間修行をしていました。ダヴィッドが画家としてデビューしたのは、26歳と遅い時期でした。このデビューした作品でローマ賞をとり、その副賞としてイタリア留学がありました。
ダヴィッドはイタリアで5年間古典絵画について学びます。この留学をきっかけにダヴィッドは新古典主義の画風へと変化していきました。ダヴィッドはすぐに画家として認められていたので、1784年からは国王から注文された絵画を描いています。
フランス革命の直前に、ダヴィッドは政治にも関わるようになっていました。フランス革命がおき、その後の政治に大きな力を発揮するようになりました。
革命政府の美術行政を担当したダヴィッドは全国に美術館を作るように働きかけていました。革命政府がたおれたときは一時期投獄もされました。妻の力によってダヴィッドは自由の身になり、今度はナポレオンに絵画を依頼されました。
ナポレオンが失脚した後、ダヴィッドは亡命し、亡命先のブリュッセルで1825年にこの世を去りました。
画家名で探す?
コンスタブル
ミレー
コロー
クールベ
モロー
クリムト
ターナー
ドラクロワ
ジェリコー
ゴヤ
ミレイ
ハント
ロセッティ
ウォーターハウス
マネ
ドガ
セザンヌ
ルノワール
モネ
ピサロ
ゴッホ
ゴーギャン
ロートレック
スーラ
ルソー
ピカソ
ダヴィッド
ダヴィッドの絵画の特徴
ダヴィッドは英雄を好んで描き、またギリシャやローマ時代の古典を好んで絵画にしていました。ダヴィッドは新古典主義の代表的な画家なのです。人物の描写は簡潔でいて写実的なのですが構図や表現は、より英雄に見えるように強調して描いています。そのため、時々描かれている人物たちの動きは芝居がかっているようにも見えるのです。人物の細かい描写は伝統的な手法が使われつつ、描いている題材は英雄というのがダヴィッドの絵画の特徴なのです。
ダヴィッドの有名な絵画
ナポレオンを描いた作品のほかに古代ギリシャやローマの有名なシーンを描いた作品も多く残っています。
サン・ベルナール峠のナポレオン
サン・ベルナール峠のナポレオン – ダヴィッド
ダヴィッドの名前を知らなくても、この絵画を見たことがある人は多いでしょう。ダヴィッドの代表作です。ナポレオンがイタリアに向かう途中のアルプスでの様子を描いているのですが、実際、ナポレオンはラバという動物に乗って移動していたようです。しかし、ラバよりも白馬に乗っているほうが英雄らしいということで、ダヴィッドは馬を描いたともいわれています。マルメゾン宮殿にあります。
ホラティウス兄弟の誓い
ホラティウス兄弟の誓い – ダヴィッド
フランス国王だったルイ16世が注文したダヴィッドにとっての最初の国王からの注文絵画です。古典的なシーンが描かれているのですが、ここには市民の義務と自己犠牲をたたえようとしているダヴィッドの考えが表現されているのです。ルーブル美術館にあります。
フランス革命がおこった激しい時代のうつりかわりの中で、ダヴィッドは画家としてだけでなく、政治にも関わった画家でもありました。描かれている絵は古典的なものですが、その中でダヴィッドが伝えたかったことは、ダヴィッド自身の信念でもあったのでしょう。