ジョルジュ・スーラ(Georges Seurat)

新印象派
1859年12月2日‐1891年3月29日
印象派の絵画の技法を更に進化させて、点描で絵を描く手法を完成させた人として有名なのがスーラです。「スーラ」という名前を聞いたことがないかもしれません。でも、点だけでかかれた絵を見たことがある人はいるかもしれません。珍しいので、もし点でかかれた絵を見たことがあるのならば、それはおそらくスーラの作品でしょう。スーラの点描画は簡単そうで、とてもむずかしいものなんですよ。(私、真似したことがあるのですが大失敗しました)

[ スポンサードリンク ]

【19世紀絵画教室 – 子ども美術館】トップページへ戻る

スーラのプロフィール
スーラは1859年、パリのかなり裕福な家に生まれました。スーラはハンサムで、落ち着いていた上品な人だったといいます。そして何よりもスーラは秘密主義で有名でした。
スーラは画家を目指すようになってからも、他の画家とは違い、家からの仕送りがあったので生活に困ることはありませんでした。
スーラは自分の画法を研究しつつ、1880年から白黒のデッサンに力を入れるようになります。1883年には、デッサンがサロンに入選し、絶賛されます。この時代のスーラの絵はまだ点描画ではありませんでしたがが、次の年の1884年にサロンに落選してから絵画の描き方が変化し始めます。点描で絵を描きはじめたのです。
点描は、非常に時間と根気が必要なものでしたが、スーラはていねいに描き続けました。この点描画がスーラを一気に有名にしたのです。
そんなスーラは30歳で結婚して、子供もいたのですが、このことを自分の親にも秘密にしていました。結婚していることを親に伝えたのは、彼がなくなる2日前だったといいます。スーラの画家仲間たちは当然、結婚して子供がいることを知ったのは、彼の死後で相当に驚きました。スーラは、1891年31歳という若さでこの世をさりました。
画家名で探す?
コンスタブル
ミレー
コロー
クールベ
モロー
クリムト
ターナー
ドラクロワ
ジェリコー
ゴヤ
ミレイ
ハント
ロセッティ
ウォーターハウス
マネ
ドガ
セザンヌ
ルノワール
モネ
ピサロ
ゴッホ
ゴーギャン
ロートレック
スーラ
ルソー
ピカソ
ダヴィッド
スーラの絵画の特徴
スーラの点描画は印象派とは分けられ、『新印象派』や『点描主義』と呼ばれています。線や色をぬって絵画を完成させるのではなく、さまざまな小さな色の点を並べて描くのが点描画とよばれるものです。
スーラの絵画のすごいところは、たくさんの点が『人が見ると目の中で色が混ざって見える』という『視覚混合』という理論を実践していることです。
あらかじめ、パレットの上で絵の具の色を混ぜてしまうと色のあざやかさがなくなってしまうので、スーラは原色のまま点でキャンバスにのせていったのです。
原色のあざやかさを保った点描画を人が見ると、目の中で色が混じりあって見えるのです。スーラは絵画を科学的な面から制作した人なのです。スーラの絵を遠くから見ていると、まるで塗っているかに見えますし、人物のりんかくを線で描いているようにもみえます。ですが実際近づいてみると点描で、りんかく線はありません。
また、スーラは1枚の絵を描きはじめる前に、絵画の全体の構図や配置、デッサンを細かく何度も考えぬいて絵画を制作しています。現在も習作が残されています。
スーラの有名な絵画
点描画という時間のかかる技法と画家としての活動期間が12年間しかなかったことで、スーラの残した絵画はあまり多くありません。そして大きな絵も残されています。
アニエールの水浴
アニエールの水浴 – スーラ
この絵画がサロンに落選したことをきっかけにして、スーラは本格的に点描画を描くようになりました。この絵ではまだ点描で描いていません。ナショナル・ギャラリーにあります。
グランド・ジャット島の日曜日の午後
グランド・ジャット島の日曜日の午後 – スーラ
スーラの絵画の中で一番有名な絵画です。横2mたて3m以上の大きな絵画ですが、全て点で描かれています。おだやかで優雅な様子があざやかに描かれています。まるでりんかく線があるようにはっきりと描かれていますよね。これも近くで見ると線は描かれていないことがわかります。スーラはたくさんの人を描いていますが、これ以前に誰もいない島の絵も残しています。アート・インスティテュート・オブ・シカゴにあります。
サーカス
サーカス – スーラ
このサーカスという絵画はスーラがなくなってしまったので未完成のままです。黄色と赤を中心とした華やかなサーカスを表現しています。いかにスーラが色調のバランスを考えて描いていたかがわかる絵画です。オルセー美術館にあります。
スーラの後、点描画は時間がかかることもあり次第に離れていきました。ですが、現代のモダンアートの原点ともいわれるスーラの絵画は現在も高く評価されています。