カミーユ・ピサロ(Camille Pissarro)

印象派
1830年7月10日‐1903年11月13日
ピサロは印象派の画家ですが、モネやルノワールの方が有名ですよね。絵のことにあまり詳しくなければ「ピサロってだれ?」と思う人も多いでしょう。でも、名前は知らなくてもピサロの絵はおそらく教科書などで見ているでしょう。ふんわりとしたやわらかい絵を描いていたピサロは、印象派の画家たちのまとめ役をしていて、だれからも信頼されていた人でした。ピサロの温厚な性格が、絵画にもよくあらわれています。「ピサロは優しい人だった」ということを知った上で、彼の絵を見ると、また絵の印象が変わるかもしれませんね。

[ スポンサードリンク ]

【19世紀絵画教室 – 子ども美術館】トップページへ戻る

ピサロのプロフィール
1830年にカリブ海に浮かぶデンマーク領の島、セント=トマスでうまれました。父親はボルドー地方からそこに来て雑貨店を経営していました。ピサロは11歳でフランスの学校に通いますが17歳で一度故郷に戻ります。しばらくは雑貨店の手伝いをしていましたが、25歳のときに両親を説得して、画家になるため再びフランスにいきました。
フランスに行ったピサロは、パリ万博で展示されていたコローやクールベの絵画を見て、影響を受けます。そして一時はコローのアトリエで絵画の勉強をしていました。1859年29歳ではじめてサロンに風景画『モンモランシーの風景』を出品し、入選しました。この頃に後の印象派となるモネやセザンヌに出会い、一緒に屋外で絵画の制作をしています。
ピサロは他の印象派のメンバーよりも10歳以上年上であり、温厚な人物だったため、画家たちにとても信頼された存在でもありました。1870年には一時期戦争から逃れてロンドンでも生活しています。
ピサロは、印象派のメンバーでただ一人第1回印象派展から第8回印象派展まで出品している画家でもあります。1885年にはスーラやシニャックと出会い、1890年までの間に絵画に点描も取り入れています。
晩年は風景だけでなく、人物画も描いています。晩年には、画家として成功して個展も開催しています。まだ世間に認められていなかった新印象派の画家たちの理解者でもあった彼は、1903年にパリでなくなりました。
画家名で探す?
コンスタブル
ミレー
コロー
クールベ
モロー
クリムト
ターナー
ドラクロワ
ジェリコー
ゴヤ
ミレイ
ハント
ロセッティ
ウォーターハウス
マネ
ドガ
セザンヌ
ルノワール
モネ
ピサロ
ゴッホ
ゴーギャン
ロートレック
スーラ
ルソー
ピカソ
ダヴィッド
ピサロの絵画の特徴
印象派の画家たちは風景だけを描くことが多かったのですが、ピサロは風景とともに人物も描いています。色合いは印象派らしく明るい色彩です。自然の美しさをすなおにえがいています。そしてピサロの絵画の構図は完成されているもので、考えぬかれています。それらを見ている人に感じさせずに親しみをもたせる画家でもありました。ピサロは常に絵画の技法を研究して、新しい方法も試していました。
ピサロの有名な絵画
どちらかというと印象派メンバーのまとめ役として注目されることが多いピサロですが、絵画にも温厚な性格があらわれています。ピサロの作品は日本国内の美術館でも見ることができます。
テアトル・フランセ広場
テアトル・フランセ広場 – ピサロ
この作品は連作で、さまざまな角度、季節にかかれたテアトル・フランセ広場の絵画です。大勢の人が行きかっている広場のシーンなのですが、とても静かな作品です。『雨の効果』『霧の情景』『陽光の効果』などがあります。
小枝をもつ羊飼いの少女
小枝をもつ羊飼いの少女 – ピサロ
ピサロは人物もよく描いていた印象派の画家でした。農園で働いている少女がすこし休んでいる瞬間を柔らかなタッチで描いています。点描画を描きはじめる前の作品ですが、大きな点描にも見えますよね。パリのオルセー美術館にあります。
ピサロの絵画に共通しているのはやさしさです。ピサロの絵画を見て、ほっとする人やいやされる人が多いのは、ピサロの性格が絵画にもよくあらわれているからなのでしょう。