エドガー・ドガ(Edgar Degas)

印象派
1834年7月19日‐197年9月27日
バレエの踊り子の絵画で有名なドガは、優雅(ゆうが)な雰囲気をもつ絵画が多いですよね。人物の絵をかいていますが、ドガは印象派に分類されています。ですが、絵の構図はこれまでの絵画の手法を取り入れてもいるのです。伝統的なものと新しいものを両方取り入れた絵を残しているドガは、バレエのシリーズ以外でもたくさんの作品を残しています。ドガは、絵画のように柔らかい優しい人物だったのでしょうか。

[ スポンサードリンク ]

【19世紀絵画教室 – 子ども美術館】トップページへ戻る

ドガのプロフィール
ドガは1834年にパリでうまれました。洗礼名はイレール=ジェルマン=エドガー・ド・ガスといいます。画家になったときに言いやすいようにと簡単な「ドガ」に名前を変えました。
ドガは裕福な家庭で育ち、10代の頃は法律を学ぶための学校にいかされていました。しかし、画家になりたいと思ったドガは18歳で学校をやめてしまいます。
ドガはジャン・アングルという画家はドガのデッサン力の素晴らしさを見て、「線をたくさん描きなさい」とアドバイスされ、その教えをずっと守りつづけました。
22歳からの3年間のドガはイタリアでルネサンス芸術を学びます。この当時のドガは印象派ではなく、昔ながらの伝統的な手法で絵画を描いていました。パリに戻り、印象派のマネと知り合い、お互いに影響を与える存在になりました。
ドガが本格的に絵画を売って生活をし始めるようになったきっかけは父の死でした。父親が経営していた銀行の負債を返済していくために、家や美術品のコレクション、そして自分の絵画を売るようになったのです。
この頃からのドガはとても内気で不器用な性格のため、周囲の画家からも敬遠されるようになりました。少ない友人との付き合いの中、ドガはバレエの踊り子を中心に描くようになります。一生独身で、晩年は視力の低下から失明寸前にまでなり、1915年にこの世をさりました。
画家名で探す?
コンスタブル
ミレー
コロー
クールベ
モロー
クリムト
ターナー
ドラクロワ
ジェリコー
ゴヤ
ミレイ
ハント
ロセッティ
ウォーターハウス
マネ
ドガ
セザンヌ
ルノワール
モネ
ピサロ
ゴッホ
ゴーギャン
ロートレック
スーラ
ルソー
ピカソ
ダヴィッド
ドガの絵画の特徴
ドガは現在では印象派の画家に分類されていますが、本人はそう呼ばれることを好きではなかったようです。他の印象派の画家たちは屋外に出て絵画を制作しましたが、ドガは主にアトリエにこもって絵を描いていました。
ドガの絵画の特徴は、印象派に多くみられる鮮やかな色彩をメインにした近代化の部分と、古くからの技法であった写実的な手法を守り続けたいという両方の気持ちがあらわれていることです。
また、ドガは大胆な構図で絵画を制作しています。中心がずれている構図や、画面の端で顔がきれてしまっている人物などいろいろと試しています。これは、日常生活で目にしている何気ない瞬間をきりとっているような印象すらうけます。構図だけでなく、ドガは油絵、パステル画、版画で表現するようになります。
これらの絵画は実際に見ながら描いたものではなく、ドガ自身の記憶をもとにして構図を少しずつ変化させながら描いていることも特徴的です。
ドガの有名な絵画
ドガの絵画ではずすことができない代表はバレエの踊り子でしょう。それ以外にも馬やパリの生活の一面を描いたものが有名です。
バレエのレッスン
バレエのレッスン – ドガ
舞台で踊っているバレエの踊り子もありますが、この「ダンスのレッスン」は、バレエの練習風景を絵画にしています。この絵画は遠近法をうまくとりいれ、赤い色を加えることで更に絵画に奥行きを持たせています。この絵も何度もドガは描きなおしています。パリのオルセー美術管にあります。
アイロンをかける女たち
アイロンをかける女たち – ドガ
パリの日常生活の一部が題材にしている絵も多く描いているドガの絵画でも特に有名な絵です。2人のアイロンをかけるクリーニング屋さんの女性は、一人は一生けんめいに力をいれてアイロンをかけていますが、一人は疲れてあくびをしています。毎日仕事をしているとこんな風景もあったのでしょう。これらもモデルをおいて描かれているわけではありません。パリのオルセー美術館にあります。
ロンシャン競馬場
あまり外出しなかったドガが興味をもって外の風景を描いたのが競走馬です。ドガは馬が走っているシーンよりも、スタート前、緊張して静かになった画面を好んで描いています。この絵もスタート前を描いています。ですが、現実の場面ではなくドガが記憶していた風景と馬を構図に配置した絵画なのです。ボストン美術館にあります。
ドガの作品はパステルが使われているものがあり、保存が難しい絵画でもあります。美術館側も照明を落としたり、ガラスケースにいれて保存していたりします。
何度も同じ題材を描き続けていたドガはこのような言葉を残しています。
「同じ主題を10回でも100回でも描かなければならない」