ジャンボローニャ

移動先: 案内、 検索

「ジョバンニ・ボローニャの肖像」ヘンドリック・ホルツィウス画
ジャンボローニャ(Giambologna、1529年 – 1608年8月13日)は、後期ルネサンスまたはマニエリスムの彫刻家。生まれたときの名前はジャン・ブローニュ (Jean Boulogne)で、間違ってジョバンニ・ダ・ボローニャ (Giovanni da Bologna) またはジョバンニ・ボローニャ (Giovanni Bologna)と称されることもある。

目次  [非表示]
1
生涯
2
作品
2.1
ギャラリー
3
影響
4
脚注・出典
5
参考文献
6
外部リンク

生涯[編集]
フランドルのドゥエー(現在はフランス国内)で生まれた。アントウェルペンで建築家で彫刻家の Jacques du Broeucq に学び[1]、1550年にイタリアに移り住み、ローマで特に古典古代の彫刻について詳細に学んだ。ミケランジェロにも大きな影響を受けたが、感情表現をやや強調し、表面の滑らかさや優雅さや美をさらに強調した独自のマニエリスム様式を発展させた。教皇ピウス4世の命で最初の大作であるネプトゥーヌスの巨大ブロンズ像を制作した。この像はボローニャのマッジョーレ広場にあるネプチューンの噴水 (en) に設置された(噴水全体は Tommaso Laureti が1566年に設計)。1553年フィレンツェに移り住んでから彫刻家としての最盛期を迎えた。10年後、メディチ家のコジモ1世大公が1563年1月13日に創設した Accademia delle Arti del Disegno の会員となった。ここで画家で建築家のジョルジョ・ヴァザーリの影響を受け、メディチ家の重要な宮廷彫刻家の1人となった。79歳のときフィレンツェで死去。メディチ家はジャンボローニャがオーストリアやスペインの宮廷に終身雇用されることを恐れ、彼をフィレンツェから一歩も出さなかった。サンティッシマ・アンヌンツィアータ教会にある自身の設計した礼拝堂に埋葬された。
作品[編集]
ジャンボローニャは動きを捉えるセンスと卓越した表面仕上げの技法でよく知られるようになった。中でもメルクリウス像(4バージョン制作している)は、ゼピュロスに支えられ片脚で立っている姿を描いている。この神像は片手を天に向かってあげており、古典古代によく見られる身振りを借用したもので[2]、ジャンボローニャのマニエリスムの特徴となっている。
ジャンボローニャはウェヌス像も何度か制作しており、これが女神のプロポーションの規範となって、後のイタリアや北方の彫刻家に影響を与えることになった。彼はメディチ家のプロパガンダの一環として「ピサを征服したフィレンツェ」像などの寓意像も制作している。フランチェスコ1世・デ・メディチの命で制作した「サムソンとペリシテ人」(1562年)[3]も同様の意図があるとされている。
有名な「サビニの女たちの略奪」(1574年 – 1582年)は、3人の人物が複雑に絡み合った様を描いた意欲作である。なお、この題名はフィレンツェのシニョリーア広場にあるロッジア・ディ・ランツィに展示することが決まってから付けられたものである。「ヘーラクレースとネッソス」(1599年)も力作である。こちらもロッジア・ディ・ランツィにある[4]。
また、これもフィレンツェにあるコジモ1世の騎馬像は、弟子のピエトロ・タッカが完成させた。
ジャンボローニャは、フィレンツェのボーボリ庭園やヴィラ・ディ・プラトリーノの庭園用に多数の彫像を制作している。またピサ大聖堂の青銅製の扉も制作した。Villa di Castello の庭園には様々な動物を彫刻した習作があったが、その多くはバルジェロ美術館に展示されている。彼の代表作を縮小して再現したブロンズ像が当時から作られており、ジャンボローニャの名声が低下したことがないため、常に高値で取引されてきた。
ギャラリー[編集]

「メルクリウス」像

「サムソンとペリシテ人」1562年ごろ

「サビニの女たちの略奪」(1574-82)、フィレンツェ。題名は完成後に付けられたもの

「ヘーラクレースとネッソス」(1599)、フィレンツェ

L’Architettura(バルジェロ美術館)。ジャンボローニャの理想の女性像である手足の長い女性の彫像の一例。
影響[編集]
ジャンボローニャには次のような弟子がおり、彼らが活躍することでジャンボローニャが後の彫刻界に大きな影響を与えることになった。
アドリアーン・デ・フリース
ピエトロ・フランカヴィッラ – 1601年にジャンボローニャのアトリエを離れ、パリに移住。
ピエール・プジェ – 北ヨーロッパにジャンボローニャのマニエリスムを広めた。
ピエトロ・タッカ – ジャンボローニャのフィレンツェの工房を受け継いだ。
さらに間接的にジャン・ロレンツォ・ベルニーニやアレッサンドロ・アルガルディに影響を与えている。
脚注・出典[編集]
^ R. Wellens, Jacques du Broeucq, sculpteur et architecte de la renaissance (Brussels) 1962
^ ラファエロの「アテナイの学堂」に描かれたプラトンのポーズも同様である。
^ メディチ家の噴水用に作った大理石像。ジャンボローニャの大理石の大作としては唯一フィレンツェから持ち出された作品である。Duke of Lerma に贈られ、そこからチャールズ1世の婚約の際に贈られた。さらにジョージ3世からトーマス・ワースレイ卿に与えられた。1953年、Art Fund が購入してヴィクトリア&アルバート博物館が所蔵することになった。([1]; [2]).
^ ブロンズ版がアムステルダム国立美術館にある。[3].
参考文献[編集]
Gloria Fossi, et al., “Italian Art”, Florence, Giunti Gruppo Editoriale, 2000, ISBN 88-09-01771-4.
Charles Avery, Anthony Radcliffe, Giambologna 1529-1608; Sculpture to the Medici, Arts Council of Great Britain, 1978, ISBN 0-7287-0180-4.
外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ジャンボローニャに関連するカテゴリがあります。
Biography with a portrait on kfki.hu
Giambologna on mega.it
Giambologna on artcyclopedia.com
“Model of a River God”. Sculpture. ヴィクトリア&アルバート博物館. 2007年9月22日閲覧。

典拠管理
WorldCat VIAF: 34725916 LCCN: n85252671 ISNI: 0000 0001 2127 6442 GND: 118678477 SELIBR: 41946 SUDOC: 029819180 BnF: cb14959034s (data) BPN: 60457474 ULAN: 500016387 NLA: 35969335 KulturNav: id RKD: 10165
カテゴリ: 1529年生1608年没イタリアの彫刻家ルネサンス美術

案内メニュー
ログインしていません
トーク
投稿記録
アカウント作成
ログイン
ページ
ノート
閲覧
編集
履歴表示
検索

メインページ
コミュニティ・ポータル
最近の出来事
新しいページ
最近の更新
おまかせ表示
練習用ページ
アップロード (ウィキメディア・コモンズ)
ヘルプ
ヘルプ
井戸端
お知らせ
バグの報告
寄付
ウィキペディアに関するお問い合わせ
印刷/書き出し
ブックの新規作成
PDF 形式でダウンロード
印刷用バージョン
他のプロジェクト
コモンズ
ツール
リンク元
関連ページの更新状況
ファイルをアップロード
特別ページ
この版への固定リンク
ページ情報
ウィキデータ項目
このページを引用

他言語版
العربية
Deutsch
English
Español
Français
Português
Русский
Türkçe
中文
他 27
リンクを編集
最終更新 2016年11月29日 (火) 04:16 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。
プライバシー・ポリシー
ウィキペディアについて
免責事項
開発者
Cookieに関する声明
モバイルビュー