フィレンツェ派
フィレンツェ派とは、13~17世紀のイタリアで、フィレンツェを中心に活躍した画派。ルネサンス美術は彼らが主導したことで発展し、その影響もヨーロッパ各地に大きく及んだ。フィレンツェは、盛期ルネサンスの初期の中心地でもあった。

目次 [非表示]
1 パトロンとの関わり
1.1 社会的基盤
2 代表者
3 脚注
3.1 出典
4 参考資料
4.1 文献
5 関連項目
パトロンとの関わり[編集]
社会的基盤[編集]
フィレンツェやヴェネツィアなどの共和国において、パトロンは都市政府や同職組合(ギルド)のような公的パトロンが、宗教的パトロネージを展開する傾向にある。しかしこのパトロネージは公的から私的、宗教的から世俗的へと比重が変わり、これがルネサンスの特徴を成している。フィレンツェのパトロンは主に都市政府、同業組合、上層市民からなる[1]。1282年から250年に渡って執り行われた寡頭制政治の中で、プリオーレ制が廃止された1531年までに50回以上、かつ1302年以前にプリオーレに選ばれた名門の家が公的パトロンとしての都市政府を構成するが、後にそれから私的パトロンが生まれた[2]。パトロン階層を担ったギルドの中でも、七大組合は国際的金融業と商工業を経営する大商人層によって形成されており、フィレンツェの政治経済を牛耳っていた。彼らがパトロン層となった[3]。さらに13世紀から14世紀の都市間の争いによって下地が作られたものの、1333年の大洪水と1348年の黒死病によって深刻な被害を受けた。また政治的には白派黒派の抗争から外国人シニョーレの招来と追放、経済的には1346年におけるバルディとペルッツィの二大銀行の倒産によるフィレンツェ経済の危機があった[4]。

代表者[編集]
ジョット・ディ・ボンドーネ
マサッチオ
フラ・アンジェリコ
フィリッポ・リッピ・フィリッピーノ・リッピ父子
ボッティチェリ
レオナルド・ダ・ヴィンチ
ミケランジェロ
アンドレア・デル・サルト
脚注[編集]
[ヘルプ]
出典[編集]
^ 松本, 2007, p 5.
^ 松本, 2007, p 19.
^ 松本, 2007, p 22.
^ 松本, 2007, pp. 25-27.
参考資料[編集]
文献[編集]
松本典昭 『パトロンたちのルネサンス:フィレンツェ美術の舞台裏』1083巻 日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2007年4月。ISBN 978-4-14-091083-2。 NCID BA81636151。
関連項目[編集]
17世紀フィレンツェ派の画家
執筆の途中です この項目は、美術・芸術に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:美術)。
[隠す]
表 話 編 歴
西洋美術(Portal:美術/コモンズ)
時代別
3-15世紀
初期キリスト教美術 – ロマネスク – ゴシック – 国際ゴシック
14-16世紀
初期フランドル派 – ルネサンス – 盛期ルネサンス – 北方ルネサンス – マニエリスム – グロテスク装飾 – フォンテーヌブロー派
17世紀
バロック – 古典主義 – オランダ黄金時代の絵画
18世紀前半-半ば
ロココ – シノワズリ – ピクチャレスク
18世紀後半-19世紀
新古典主義 – ロマン主義 – ゴシック・リヴァイヴァル
19世紀
写実主義 – ビーダーマイヤー – ハドソン・リバー派 – バルビゾン派 – マッキア派 – 移動派 – ラファエル前派 – 唯美主義 – ヴィクトリア朝絵画 – ジャポニスム – 印象派 – ポスト印象派 – 新印象派 – クロワゾニスム- 綜合主義(ポン=タヴァン派) – ナビ派 – 世紀末芸術 – 象徴主義(ロシア象徴主義) – アーツ・アンド・クラフツ運動 – アール・ヌーヴォー – 分離派(ウィーン・ミュンヘン・ベルリン) – 素朴派
20世紀前半
フォーヴィスム – キュビスム – ダダイスム – 未来派 – ノヴェチェント – ヴォーティシズム – ブリュッケ – 表現主義 – 新即物主義 – ミュンヘン新芸術家協会 – 青騎士 – シュプレマティスム – 構成主義 – 新造形主義 – デ・ステイル – バウハウス – アール・デコ – シュルレアリスム – エコール・ド・パリ – モデルニスモ
20世紀後半
アンフォルメル – 抽象表現主義 – コブラ – ネオダダ – カラーフィールド・ペインティング – ミニマリズム – ヌーヴォー・レアリスム – ポップアート – フルクサス – コンセプチュアル・アート – ランド・アート – パフォーマンスアート – ビデオ・アート – インスタレーション – 新表現主義 – アウトサイダー・アート – シミュレーショニズム – メディアアート – YBAs – 芸術テロ -スーパーリアリズム
地域別
ギリシア美術 – ローマ美術 – ビザンティン美術 – フィレンツェ派 – ヴェネツィア派 – ウンブリア派 – シエナ派 – フェラーラ派 – ローマ派 – パルマ派 – フランドル絵画 – オランダ絵画
領域
建築 – 彫刻 – 絵画 – 工芸 – 装飾写本 – 装幀 – デザイン – 映像
公共性
公益 – 私益 – 美術家 – 美術商 – 資料 – コレクション – 博物館 – ギャラリー
関連項目
歴史学 と 美術史学 – 美学 と 文学 – 常識 と 趣味 – 美 と 崇高
西洋美術史 と 東洋美術史 – モダニズム と ポストモダン – 近代美術と現代美術 – アカデミック美術 と 前衛美術
視野 – 視覚 – 視覚野 – 視神経 – 網膜 – 目 – 視覚障害 – 色覚異常
可視光線と光 – 色素と色彩 – 素描と絵画 – 具象絵画と抽象絵画
イコノクラスム
絵画材料
代表的な技法・材料
フレスコ – テンペラ – 油彩(油絵具) – 水彩 – ガッシュ – ディステンパー – アクリル絵具 – パステル – 色鉛筆
代表的な支持体
板 – パピルス – 羊皮紙 – パネル(羽目板) – 麻布 – 綿布 – 布 – キャンバス(帆布) – 紙
カテゴリ: フィレンツェ派ルネサンス美術イタリアの画家イタリアの美術フィレンツェの文化フィレンツェの歴史
案内メニュー
ログインしていませんトーク投稿記録アカウント作成ログインページノート閲覧編集履歴表示検索

Wikipedia内を検索
表示
メインページ
コミュニティ・ポータル
最近の出来事
新しいページ
最近の更新
おまかせ表示
練習用ページ
アップロード (ウィキメディア・コモンズ)
ヘルプ
ヘルプ
井戸端
お知らせ
バグの報告
寄付
ウィキペディアに関するお問い合わせ
印刷/書き出し
ブックの新規作成
PDF 形式でダウンロード
印刷用バージョン
他のプロジェクト
コモンズ
ツール
リンク元
関連ページの更新状況
ファイルをアップロード
特別ページ
この版への固定リンク
ページ情報
ウィキデータ項目
このページを引用
他言語版
Български
English
Español
فارسی
Français
Polski
Português
Русский
Svenska
他 7
リンクを編集
最終更新 2017年2月15日 (水) 09:15 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。