エドガー・ドガ

移動先: 案内、 検索
エドガー・ドガ
Edgar Degas

『自画像』(1855年)オルセー美術館蔵
生誕
Hilaire Germain Edgar de Gas
1834年7月19日
フランス王国 パリ
死没
1917年9月27日(83歳)
フランス共和国 パリ
国籍
フランス
著名な実績
絵画
運動・動向
印象派

この人に影響を
受けた芸術家
メアリー・カサット、ジャン=ルイ・フォラン、ウォルター・シッカート

ドガのサイン
エドガー(エドガール)・ドガ(フランス語: Edgar Degas 発音例 、1834年7月19日 – 1917年9月27日)は、フランスの印象派の画家、彫刻家。フルネームはイレール・ジェルマン・エドガー(エドガール)・ド・ガ(Hilaire Germain Edgar de Gas)。

目次  [非表示]
1
略歴
2
ドガとバレエ
3
代表作
4
脚注
5
参考文献
6
関連文献
7
関連項目

略歴[編集]
ドガは1834年、パリに銀行家の息子として生まれた。「ドガ」(de Gas)という貴族風の苗字を持つが、ドガ家はフランス革命後に勢力を伸ばした新興ブルジョワで、エドガー・ドガの生まれた頃にはさほど裕福ではなかったらしい。ドガは1855年、エコール・デ・ボザール(官立美術学校)でアングル派の画家ルイ・ラモート(fr)に師事した。1856年、1858年にはイタリアを訪れ、古典美術を研究している。
ドガは通常印象派の画家の一員とみなされている。確かにドガは1874年以来、印象派展にたびたび出品し(全8回の印象派展のうち、第7回展以外のすべてに参加)、1862年にマネと知り合ってからは「カフェ・ゲルボワ」の画家グループにも参加していた。しかし、光と影の変化をキャンバスに写し取ろうとしたモネのような典型的な印象派の画家たちと異なり、ドガの制作の基盤はあくまでもルネサンスの巨匠や、熱烈に信奉したアングルの画風にあった。古典的手法で現代の都会生活を描き出すことから、ドガは「現代生活の古典画家」と自らを位置付けた。ただし、ドガも他の印象派の画家たちと同様、浮世絵、特に葛飾北斎の影響を強く受けていることが小林太市郎によって指摘され、日本におけるジャポニスム研究の発端となった[1]。
ドガの作品には室内風景を描いたものが多い。初期の作品は海辺の情景などであったが、1870年代後半のモノタイプによる一連の作品では客と娼婦たちの姿が多く描かれた。そして1880年代半ば以降のパステル作品では、そうした特定の逸話的な場面でなく、閉ざされた部屋で黙々と日々の身づくろいに精を出す女の姿が描かれていく。野外の風景を描いたものは、競馬場など人々の多く集まる場所に限られ、ドガの関心の対象は徹底して都会生活とその中の人間であった。これにはドガが普仏戦争に州兵として従軍した際に寒さで目をやられたために俗に『まぶしがり症』といわれる網膜の病気を患っており、外に出ることがままならなかったことも関係しているとされる。殊にバレエの踊り子と浴女を題材にした作品が多く、彼女らの一瞬見せた何気ない動作を永遠化する素描力は秀逸である。写真技術にも強い関心を示し、マラルメとルノワールが並ぶ有名な肖像写真が残されている。パステル画もよくした。パステル画に関しては、銀行家だった父が負債を隠したまま亡くなった上に兄が事業に失敗して負債を抱えたため、その負債を返済するために大量に絵を描く必要があったから、という理由もある。また、晩年は視力の衰えもあり、デッサン人形として使用した踊り子、馬などを題材とした塑像や彫刻作品も残している。それらはドガの死後にアトリエから発見された。
また、ひどく気難しく皮肉屋な性格のため、画家仲間との衝突が絶えなかったが、晩年はドレフュス事件で有罪を主張したために、ゾラなどの数少ない友人を失ってしまったという。
ドガとバレエ[編集]

バレエのレッスン(1874年頃、オルセー美術館所蔵)
“Classe de danse”
ドガの作品にはバレエを扱った主題、ことに楽屋や練習風景、舞台袖といった一般人では出入りできない場所での場面を描いたものが多い。当時、踊り子たちはオペラ座の「小さなネズミ」fr:Petit ratと呼ばれていた(語源にはさまざま説がある)が、彼女らの舞台裏をありのままに描いた。印象派の多くの画家たちとくらべれば、銀行家の息子であり経済的に余裕な家庭の出身であったドガは、バレエが好みでオペラ座の定期会員になっていた。定期会員は座席を年単位で購入する仕組みで、定期会員は特権的権利でオペラ座の楽屋や稽古場に自由に立ち入ることが許されていた(20世紀半ばにその仕組みは廃止された)。当時、オペラ座の一般会員は上流階級の社交場でもあったので、父の逝去後、経済的には苦しくなった後にもドガは一般会員を続けていたものと思われる。ドガの描いたバレエの主題の多くはそこで見た風景である[2]。
ドガの通った時代は、クラシック・バレエやモダン・バレエがまだフランスには紹介されておらず、フランスはロマンチック・バレエの時代で、ドガの作品のバレエ風景はすべてロマンチック・バレエの風景となっている[2]。
また、パリ・オペラ座の側でもドガに敬意を払い、ドガが1881年に発表した彫刻「14歳の小さな踊り子」をモチーフにしたバレエ作品を2003年、ドガも通ったガルニエ宮(いわゆる「オペラ座」の劇場である)で初演している[3][4]。
代表作[編集]

『室内(強姦)』(1868–1869) フィラデルフィア美術館
“Intérieur(Le Viol)”

『オペラ座のオーケストラ』(1870) オルセー美術館
“L’Orchestre de l’Opéra”

『三人の踊り子』(1873)私蔵
“Trois Danseuses”

『ニューオーリンズの綿花取引所』(1873)ポー美術館
“Le Bureau de coton à la Nouvelle-Orléans”

『ロンシャンの競馬』(1873-1875) ボストン美術館
“Les Courses à Longchamp”

『ダンス教室(バレエ教室)』 (1873-1875) オルセー美術館
“Classe de danse”

『舞台のバレエ稽古』(1874) メトロポリタン美術館
“Répétition d’un ballet sur la scène”

『アブサン』 (1876) オルセー美術館
“L’Absinthe”

『踊りの花形(エトワール、あるいは舞台の踊り子とも呼ばれる)』(1878年頃) オルセー美術館
“Ballet – L’étoile”

『14歳の小さな踊り子』(1881) ナショナル・ギャラリー(ワシントンD.C.)他 ドガの生前に唯一発表された彫刻作品[5]。
“La Petite Danseuse de Quatorze Ans”

『アイロンをかける2人の女』(1884) オルセー美術館
“Repasseuses”

『浴盤』(1886) オルセー美術館
“Le tub”
『アイロンをかける2人の女』(1884年から1886年頃)(オルセー美術館)
『マネとマネ夫人像』(1868年から1869年)(北九州市立美術館)
『馬上の散策』(1864年から1868年)(ひろしま美術館)
『赤い衣裳をつけた三人の踊り子』(1896年)(大原美術館)
脚注[編集]
[ヘルプ]
^ 『北斎とドガ』全国書房(1946年刊)、小林太市郎著作集2巻、淡交社(1973年刊)
^ a b 守山実花『魅惑のドガ エトワール物語』p.20
^ 守山実花『魅惑のドガ エトワール物語』p.22
^ 守山実花『魅惑のドガ エトワール物語』p.34-39
^ 1881年の第6回印象派展に出品。なお、発表時は蝋で作られており、顔には彩色が施され髪にはかつらを使用していた。1988年伊勢丹美術館『ドガ展』カタログ、174ページより
参考文献[編集]
家庭画報特別編集・守山実花著『魅惑のドガ エトワール物語』世界文化社、2011年、ISBN 978-4-418-10225-9
関連文献[編集]
ポール・ヴァレリー 『ドガ ダンス デッサン』(清水徹訳 筑摩書房) ヴァレリーは弟子、旧訳は吉田健一
甥のジャンヌ・フェブルと画商アンブロワーズ・ヴォラールによる回想
『ドガの想い出』(東珠樹訳 美術公論社)。
伝記にパトリック・ベード 『ドガ』〈岩波世界の巨匠〉(広田治子訳、岩波書店 1994年)
関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、エドガー・ドガに関連するメディアおよびカテゴリがあります。
クレオ・ド・メロード
ウジェニー・フィオクル
典拠管理
WorldCat VIAF: 41863744 LCCN: n79022903 ISNI: 0000 0001 2129 7200 GND: 118524291 SELIBR: 183587 SUDOC: 029025397 BnF: cb120737685 (data) ULAN: 500115194 NLA: 35034568 NDL: 00437558 NKC: jn19990001680 ICCU: IT\ICCU\CFIV\046684 BNE: XX1096561 KulturNav: id RKD: 21403
カテゴリ: フランスの画家印象派の画家フランスの彫刻家19世紀の美術家パリ出身の人物1834年生1917年没

案内メニュー
ログインしていません
トーク
投稿記録
アカウント作成
ログイン
ページ
ノート
閲覧
編集
履歴表示
検索

メインページ
コミュニティ・ポータル
最近の出来事
新しいページ
最近の更新
おまかせ表示
練習用ページ
アップロード (ウィキメディア・コモンズ)
ヘルプ
ヘルプ
井戸端
お知らせ
バグの報告
寄付
ウィキペディアに関するお問い合わせ
印刷/書き出し
ブックの新規作成
PDF 形式でダウンロード
印刷用バージョン
他のプロジェクト
コモンズ
ツール
リンク元
関連ページの更新状況
ファイルをアップロード
特別ページ
この版への固定リンク
ページ情報
ウィキデータ項目
このページを引用

他言語版
العربية
Català
English
Español
Suomi
Français
हिन्दी
한국어
中文
他 70
リンクを編集
最終更新 2016年9月2日 (金) 18:24 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。
プライバシー・ポリシー
ウィキペディアについて
免責事項
開発者
Cookieに関する声明
モバイルビュー