世界の有名な絵画・画家

有名な絵画の作品解説や世界的な画家の代表作など魅惑のアート特集

ルネサンス(イタリア)

 

ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」
イタリア・ルネサンス美術が頂点を極めた16世紀初頭。この盛期ルネサンスに活躍した三大巨匠による作品は、その後長らく西洋美術の理想の時代とみなされた。

レオナルド・ダ・ヴィンチ
『最後の晩餐』、『モナ・リザ』などの絵画のみならず、彫刻、建築、数学天文学など様々な分野で研究を残した万能の天才。
ミケランジェロ
西洋で最も巨大な絵画の一つとも言われるバチカンのシスティーナ礼拝堂の天井フレスコ画が特に有名。
ラファエロ
ラファエロは、それまでの芸術手法を統合・洗練して、女性的で優雅な様式を確立した総合芸術の天才。
エル・グレコ
ギリシャからスペインのトレドに移住した異邦人画家。ルネサンス後期マニエリスム。
バロック

 

フェルメール「真珠の耳飾りの少女」
バロック期には、風景画、風俗画、静物画などの日常に根ざしたジャンルが確立した。ルーベンス、レンブラントらは、オランダ絵画の黄金時代を築いた。

ルーベンス
アニメ『フランダースの犬』で主人公のネロが見たがっていたアントワープ大聖堂にある「キリストの昇架」と「キリストの降架」でおなじみ。
フェルメール
ルーベンス、レンブラントと並び、17世紀のオランダ美術を代表する画家。代表作は「真珠の耳飾の少女(青いターバンの少女)」。
レンブラント
暗闇に鋭く差し込むような光線が当てられ、その部分を強調すると同時に暗闇の部分を逆に強調する手法が特徴。
ロマン主義

新古典主義に対する反伝統的、反合理主義的な芸術傾向「ロマン主義」では、スペインではゴヤ、フランスではドラクロワ、イギリスではターナーらが活躍した。

ゴヤ
裸のマハ
カルロス4世の宮廷画家として活躍したロマン主義の画家。西洋美術において初めて女性の陰毛を描き問題となった。
ドラクロワ
民衆を率いる自由の女神
フランス・19世紀ロマン主義を代表する巨匠。フランス7月革命をテーマとした「民衆を率いる自由の女神」が特に有名。
写実主義

19世紀半ばには、現実を美化せずに客観的に描くという美術上の試みがなされた。日常生活の情景など同時代のありのままの姿が主題として選ばれた。

ミレー
大地とともに生きる農民の姿を、崇高な宗教的感情を込めて描いたミレーの作品は、早くから日本に紹介され特に親しまれた。
ミレー晩鐘
クールベ
世界初の「個展」を開いたフランスの画家。目録に記されたクールベの文章は、後に「レアリスム宣言」と呼ばれた。
印象派

マネ「ベルト・モリゾ」
マネ「ベルト・モリゾ」
形態の明確な描写よりも、それをつつむ光の変化や空気感など一瞬の印象を捉え、再現しようとする様式。エドゥアール・マネらによって創始された。

クロード・モネ
「光の画家」の別称で知られるフランスの画家。時間や季節とともに移りゆく光と色彩の変化を生涯にわたり追求した。
エドガー・ドガ
彼の関心の対象は徹底して都会生活とその中の人間であった。殊にバレエの踊り子と浴女を題材にした作品が多い。
ルノワール
他の印象派の画家たちと同様、風景画も制作したが、 特に人物を好んで描き、 裸婦像、少女像などを得意とした。
カミーユ・ピサロ
後輩画家にも慕われたフランス印象派の画家
エドゥアール・マネ
印象派グループの中心的存在 日本美術にも強い関心
形態の明確な描写よりも、それをつつむ光の変化や空気感など一瞬の印象を捉え、再現しようとする様式。エドゥアール・マネらによって創始された。

クロード・モネ
「光の画家」の別称で知られるフランスの画家。時間や季節とともに移りゆく光と色彩の変化を生涯にわたり追求した。
エドガー・ドガ
彼の関心の対象は徹底して都会生活とその中の人間であった。殊にバレエの踊り子と浴女を題材にした作品が多い。
ルノワール
他の印象派の画家たちと同様、風景画も制作したが、 特に人物を好んで描き、 裸婦像、少女像などを得意とした。
カミーユ・ピサロ
後輩画家にも慕われたフランス印象派の画家
エドゥアール・マネ
印象派グループの中心的存在 日本美術にも強い関心
印象派の傾向を受け、それを出発点としながらも、批判的に継承しつつ、厳密な形態の復活、原始的な題材や激しい色彩の導入などの独自の特徴を生み出し、20世紀美術のさきがけとなった。

ゴッホ
現在でこそ極めて高い評価を得ているが、不遇の生涯を送っており、生前に売れた絵はたった1枚『赤い葡萄畑』だけであった。
ゴーギャン
フランスのポスト印象派における最も重要かつ独創的な画家の一人。一時期は南仏アルルでゴッホと共同生活も送っていた。
セザンヌ
セザンヌの「絵画は、堅固で自律的な再構築物であるべきである」という考え方は、続く20世紀美術に決定的な影響を与えた。
近代美術・現代美術

 

ピカソ「アヴィニョンの娘たち」
近代美術・現代美術(モダンアート、コンテンポラリーアート)の定義は様々あるが、ここでは19世紀後半に活躍した画家の作品、および20世紀初頭のキュビスム以降を取り上げていく。

パブロ・ピカソ
キュビズムを創始したスペインの奇才。スペイン内戦時に描かれた「ゲルニカ」が特に有名。
ムンク 叫び
オスロ・フィヨルドでの幻聴に基づいたムンクの代名詞的作品
聖書と絵画・名画 有名な物語の解説

聖母マリア西洋絵画の題材として、数多くの作品の中で神秘的に描かれる聖書のストーリー。聖書の物語をある程度理解しておくだけで、世界の名画をより深く味わうことが出来る。

この特集ページ「聖書と絵画・名画 有名な物語の解説」では、聖書のストーリーの流れにそって、聖書に関係が深い絵画作品を、さらっと読める絵本形式でまとめている。

関連サイト

世界の民謡・童謡 worldfolksong.com
世界中の有名な民謡・童謡や有名なクラシック音楽など、絵画と合わせて楽しめる世界の音楽サイト
ルネサンス(イタリア)

ミケランジェロ
レオナルド・ダ・ヴィンチ
ラファエロ
エル・グレコ
バロック

ルーベンス
フェルメール
レンブラント
ロマン主義

ゴヤ
ドラクロワ
写実主義

ミレー
クールベ
印象派

クロード・モネ
エドガー・ドガ
ルノワール
カミーユ・ピサロ
エドゥアール・マネ
ポスト印象派(後期印象派)

ゴッホ
ゴーギャン
セザンヌ
近代美術・現代美術

パブロ・ピカソ
ムンク「叫び」
トピックス

聖書と絵画・名画
関連サイト

世界の民謡・童謡
有名なクラシック音楽

 

叫び (エドヴァルド・ムンク) – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%AB%E3%81%B3_(%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%B3%E3%82%AF)
叫び』(さけび、ノルウェー語: Skrik、英語: The Scream)は、ノルウェーの画家の エドヴァルド・ムンクが1893年に制作したムンクの代名詞とも言える油彩絵画作品。 ムンクは同年と1895年にパステル、1895年にリトグラフ、1910年にテンペラで同じ題名 、同じ …

叫び (エドヴァルド・ムンク)

移動先: 案内、 検索

「ムンクの叫び」はこの項目へ転送されています。2012年公開の日本の映画作品については「ムンクの叫び (映画)」をご覧ください。
『叫び』
ノルウェー語: Skrik
英語: The Scream

作者
エドヴァルド・ムンク
製作年
1893年
種類
油彩
寸法
91 cm × 73.5 cm (36 in × 28.9 in)
所蔵
オスロ国立美術館、オスロ

ムンク美術館にて展示されるテンペラ画の『叫び』。
『叫び』(さけび、ノルウェー語: Skrik、英語: The Scream)は、ノルウェーの画家のエドヴァルド・ムンクが1893年に制作したムンクの代名詞とも言える油彩絵画作品。ムンクは同年と1895年にパステル、1895年にリトグラフ、1910年にテンペラで同じ題名、同じ構図による作品を描いており、全5点の『叫び』が存在している。
幼少期に母親を亡くし思春期に姉の死を迎えるなど病気や死と直面せざるを得なかった1890年代のムンクが、「愛」と「死」とそれらがもたらす「不安」をテーマとして制作し、「フリーズ・オブ・ライフ(生命のフリーズ)」と称した作品群のうちの一作であり、『叫び』はその中でも最も有名な作品である。また、同題名、同構図の作品群『叫び』の中で世界的に最も著名なのは、最初に描かれた油彩の『叫び』であり、オスロ国立美術館が所蔵している。

目次  [非表示]
1
概要
2
収蔵と保存
3
大衆文化の中の『叫び』
4
脚注
5
関連項目

概要[編集]
極度にデフォルメされた独特のタッチで描かれた人物、血のように赤く染まったフィヨルドの夕景と不気味な形、赤い空に対比した暗い背景、遠近法を強調した秀逸な構図の作品であるが、この絵は、ムンクが感じた幻覚に基づいており、ムンクは日記にそのときの体験を次のように記している。

私は2人の友人と歩道を歩いていた。太陽は沈みかけていた。突然、空が血の赤色に変わった。私は立ち止まり、酷い疲れを感じて柵に寄り掛かった。それは炎の舌と血とが青黒いフィヨルドと町並みに被さるようであった。友人は歩き続けたが、私はそこに立ち尽くしたまま不安に震え、戦っていた。そして私は、自然を貫く果てしない叫びを聴いた。

つまり「叫び」はこの絵で描かれている人物が発しているのではなく、「自然を貫く果てしない叫び」に怖れおののいて耳を塞いでいる姿を描いたものである。なお、ムンクがこの絵を発表した際、当時の評論家たちに酷評されたが、のちに一転、高く評価されるようになった。
エーケベルグ(ノルウェー語版)の町は、高台からオスロとその先のオスロ・フィヨルド(地名に反してフィヨルドではなく、北欧に特徴的な湾であるヴィーケン(ノルウェー語版)) を望む景観が、『叫び』の実在する舞台として知られている。
アメリカの美術史家であるロバート・ゼンブラムはパリの人類史博物館に展示されていたペルーのミイラが『叫び』中央の人物のモデルであるという説を唱えた。実際、このミイラは丸く落ちくぼんだ目、開いた口、頬に当てられた手、痩せた体など『叫び』の人物と共通点が多い。
収蔵と保存[編集]
ムンクの『叫び』は5点以上が制作され、オスロ国立美術館所蔵の油彩画、同じくオスロのムンク美術館所蔵のテンペラ画とパステル画(1893年版)とリトグラフ、ノルウェー人実業家のペッター・オルセンが所蔵し2012年5月2日にニューヨークでサザビーズで競売にかけられ、1億1990万ドル(日本円で約96億円)で落札されたパステル画(1895年版)の5点が知られている[1][2]。このパステル画の落札価格は、絵画の競売落札価格として史上最高値となった(それまでの最高額は2010年に落札されたパブロ・ピカソの『ヌード、観葉植物と胸像』の1億650万ドル)[2]。
しかし、リレハンメルオリンピック開会式当日の1994年2月14日にオスロ国立美術館所蔵の油彩画が盗難に遭い、ロンドン警視庁美術特捜班によるおとり捜査で過去にもムンクの作品を盗んだ前科のある犯人に画商を通じて接触、同年5月の犯人逮捕時に発見されている。ムンク美術館に収蔵されていたテンペラ画は、油彩画『マドンナ』とともに2004年8月22日に盗み出されたが、2点とも2006年8月31日にオスロ市内で発見された。ただし『叫び』は液体による損傷を受けており、完全な修復は不可能だった[1]。2008年5月23日からムンク美術館で、完全に修復された『マドンナ』とともに展示が再開されている。

パステル画の「叫び」(1893年)

リトグラフの「叫び」(1895年)

パステル画の「叫び」(1895年)

テンペラ画の「叫び」(1910年)
大衆文化の中の『叫び』[編集]
世界に広く知られている上に強烈な印象力とテーマ性を特徴とする『叫び』は、大衆文化の表現媒体(看板、プラカード、音楽、映画、漫画、テレビ番組など)のなかで、発想のヒントとされたり構図や人物を真似たパロディなどのかたちで扱われることも多い。
影響下にある作品
映画『スクリーム』(1996年)
脚注[編集]
[ヘルプ]
^ a b “The Conservation of Scream and Madonna” (英語). (official site). Munch Museum. 2011年8月25日閲覧。およびムンクの「叫び」競売へ NY、64億円超の高値も(2012年4月11日閲覧)よりの引用に加え、他の節を参照して矛盾点を修正
^ a b ムンクの代表作「叫び」、史上最高96億円で落札 ウォール・ストリート・ジャーナル 日本版、2012年5月3日
関連項目[編集]
エドヴァルド・ムンク
エーケベルグ
オスロ
オスロ・フィヨルド
実存主義
統合失調症

この項目は、美術・芸術に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:美術)。
カテゴリ: エドヴァルド・ムンクの作品19世紀の絵画絵画のシリーズ